弁護士紹介

弁護士  高橋 善樹

 

イメージ・弁護士:高橋善樹

 

経歴

著書・論文

 

 

経歴

【事務所】 太樹法律事務所
【所在地】 〒104-0031 東京都中央区京橋3-12-4 マオビル10階
  弁護士 高 橋 善 樹(べんごし たかはしよしき)

(略歴)

平成5年4月 弁護士登録
平成10年12月 弁理士登録
平成23年9月 川越法律事務所にて約19年に亘り流通独占禁止法の分野に携わった後、太樹法律事務所設立

 

(官公署関係)

平成14年 経済産業省「金型図面問題検討委員会」委員
平成14年~
平成21年
中小企業庁「下請代金法研修」(基本契約書)講師
平成19年12月~
平成20年3月
建材・住宅設備産業取引のガイドライン作成委員
平成20年4月~ 下請かけこみ寺本部助言弁護士
平成20年~ 中小企業庁「下請法トップセミナー」講師
平成20年~ 中小企業庁「下請適正取引等のためのガイドライン」説明会講師
平成21年1月~2月 中小企業庁「下請取引適正化推進会議」取引慣行ワーキンググループ委員
平成21年10月~
平成22年3月
「建材・住宅設備産業取引ガイドライン」改定委員、「印刷業における下請取引等の推進のためのガイドライン」委員
平成23年10月 「アニメ産業下請取引等の推進のためのガイドライン」委員
平成23年度~
平成25年度
司法試験(経済法)委員
平成25年~27年 中小企業庁「下請取引適正化推進シンポジム、セミナー」講師
平成25年4月 経済産業省経済産業政策局競争環境整備室「中小企業における独占禁止法コンプライアンスに関する研究会」委員
平成27年9月 「アニメ産業下請取引等の推進のためのガイドライン」改定委員

 

(民間団体関係)

平成9年~24年 財団法人全国中小企業取引振興協会の下請取引改善講習会講師
平成15年~ 社団法人日本フランチャイズチェーン協会綱紀委員、特別相談員
平成17年~18年 法政大学法学部(2部)「経済法」講師
平成17年11月19日~ 競争法フォーラム理事
平成23年4月~
24年3月
法政大学法学部「経済法」講師
平成23年11月~ 公益社団法人日本通信販売協会顧問
平成24年5月~ 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会顧問・日本ダイレクトマーケティング学会理事
平成26年6月~ 日本特殊塗料株式会社社外監査役就任
平成27年9月~ 競争法フォーラム常務理事

 

【専門分野】

独占禁止法、景品表示法、下請法等競争法分野の相談、審査、訴訟対応、特定商取引法、フランチャイズ等

 

【所属学会】

日本経済法学会、日本ダイレクトマーケティング学会

 

 

 

著書・論文

1. 独占禁止法

  • 「共同の取引拒絶」「単独の取引拒絶」「優越的地位の濫用」」(川越憲治編「現代裁判法体系22独占禁止法」)
    (新日本法規 平成10年8月28日)
  • 「企業結合規制」「不公正な取引方法の規制」(川越憲治編「独占禁止法の上手な対処法」)
    (民事法研究会 平成12年12月14日)
  • 「業種別モデルコンプライアンス 百貨店・スーパーマーケット等流通業の場合、耐久消費財製造業の場合、生産財・資本財製造業の場合、規制緩和業種の場合」
    (「独占禁止法コンプライアンスの手引き(新版)」 公益財団法人公正取引協会 平成13年2月26日)
  • 「審査・審判および審決取消訴訟の訴えの手続」
    (川越憲治編「実務経済法講義」 民事法研究会 平成17年8月18日)
  • 「新しい独占禁止法と金融実務」
    (川越憲治・志田至朗・山田務編金融財政事情研究会 平成19年12月20日)
  • 「入札談合防止のためのコンプライアンス・プログラムの見直し」
    (公正取引659号11頁)
  • 「弁護士からみた知的財産権の活用にあたっての企業の競争法上のリスク」
    (「公正取引No750・2013年4月号 公益財団法人公正取引協会」)
  • 「第7条の2第1項、3項、第5項から9項、第27項~29項」
    (論点体系独占禁止法/白石忠志・多田敏明編、平成27年7月1日第一法規出版)
  • 「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」改正の解説と、フランチャイズ実務への影響について」「第1回 非価格制限行為の判断基準」
    (フランチャイズエイジ2015年9月号20頁~21頁)
  • 「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」改正の解説と、フランチャイズ実務への影響について」「第2回 非価格制限行為の判断基準」
    (フランチャイズエイジ2015年9月号20頁~21頁)
  • 「公正取引委員会の立入検査Q&A」
    (フランチャイズエイジ2016年5月20頁~21頁)
  • 「ファミリーマートとユニーGHDの統合における公取委の判断手法」
    (フランチャイズエイジ2016年9月18頁~21頁)

 

2. 景品表示法

  • 「広告チェックの10のポイント」「広告表示にもっと自由を」「売りたい!に応える広告法務」
    (Business Law Journal 2008・12 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第1回不当表示か否かの判断方法」
    (Business Law Journal 2010・4の96頁~98頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第2回打消し表示(注記表示)の用い方」
    (Business Law Journal 2010・5の86頁~89頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第3回表示の根拠の準備の仕方」
    (Business Law Journal 2010・6の90頁~93頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第4回商品の効果を直接訴求する方法」
    (Business Law Journal 2010・7の86頁~89頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第5回物質の効果を訴求することで間接的に商品の効果を訴求する場合」
    (Business Law Journal 2010・8の86頁~89頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第6回健康食品の広告表示」
    (Business Law Journal 2010・9の86頁~89頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第7回金融商品の広告表示」
    (Business Law Journal 2010・10の86頁~89頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第8回節約・エコ・省エネ効果を訴求する広告表示」
    (Business Law Journal 2010・11の104頁~107頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第9回価格(料金)を訴求する広告表示」
    (Business Law Journal 2010・12の100頁~104頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「広告審査のOKライン第10回原産国表示の留意点/総括」
    (Business Law Journal 2011・1の102頁~106頁 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「景品・値引等に関する検討フロー」
    (Business Law Journal 2013・5 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「法務研修プログラム分野別(広告表示・キャンペーン)」
    (Business Law Journal 2012・7 レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「景品表示法改正 その1 実効性ある不当表示抑止のための表示管理体制の構築とその運用」
    (フランチャイズエイジ2014年9月20頁~21頁)
  • 「景品表示法改正 その2 課徴金制度の導入」(フランチャイズエイジ2014年11月22頁~23頁)
  • 「景品表示法の課徴金ガイドラインの解説」(フランチャイズエイジ2016年3月22頁~23頁)
  • 「最近の不当表示事件の留意点~おとり広告~」(フランチャイズエイジ2017年9月号)

 

3. 下請法・消費税転嫁対策特別措置法

  • 「放送番組制作委託」
    (川越憲治編「下請取引の法務」 (商事法務・平成16年)
  • 「基礎講座 下請法と下請適正取引ガイドライン第1回下請法の趣旨とその適用要件」
    (中小企業と組合・財団法人中小企業情報化促進協会 2008年11月号)
  • 「基礎講座 下請法と下請適正取引ガイドライン第2回下請法の効果~親事業者に課される義務~」
    (中小企業と組合・財団法人中小企業情報化促進協会 2008年12月号)
  • 「基礎講座 下請法と下請適正取引ガイドライン第3回製造業の下請法上の留意点(前半)」
    (中小企業と組合・財団法人中小企業情報化促進協会 2009年1月号)
  • 「基礎講座 下請法と下請適正取引ガイドライン第4回製造業の下請法上の留意点(後半)」
    (中小企業と組合・財団法人中小企業情報化促進協会 2009年2月号)
  • 「基礎講座 下請法と下請適正取引ガイドライン第5回情報成果物作成委託の下請法上の留意点」
    (中小企業と組合・財団法人中小企業情報化促進協会 2009年3月号)
  • 「基礎講座 下請法と下請適正取引ガイドライン第6回役務提供委託の下請法上の留意点」
    (中小企業と組合・財団法人中小企業情報化促進協会 2009年4月号)
  • 「『下請法と優越的地位の濫用』気になる公取委の運用」
    (ビジネス法務2009年11月号)
  • 「下請法必読マニュル」
    (BUSINESS TPICS 2013年4月号・みずほ総合研究所)
  • 「ガイドライン案公表!消費税増税時の対応」
    (ビジネス法務2013年10月号 中央経済社)
  • 「消費税UP対応社内の疑問に答えるブック」
    (税務弘報2013年11月号別冊 中央経済社)
  • 「内税方式で賃料を定めている賃貸借契約について消費税値上げ分の減額が認定された件」
    (フランチャイズエイジ2015年9月号)
  • 流通業における最近の「下請法違反事件」
    (フランチャイズエイジ2017年1月号)

 

4. フランチャイズ

  • 「開示書面の作り方【何でもQ&A第1回】」
    (フランチャイズエイジ2006年5月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「開示書面の作り方【何でもQ&A第2回】」
    (フランチャイズエイジ2006年7月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】商標権侵害差止請求事件」
    (フランチャイズエイジ2007年1月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】営業表示使用差止、抹消等請求事件」
    (フランチャイズエイジ2007年7月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】セブン-イレブンジャパン不当利得返還請求事件」
    (フランチャイズエイジ2008年1月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】マスターフランチャイザーとサブフランチャイザーの商標の使用をめぐる紛争」
    (フランチャイズエイジ2008年7月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】不正競争行為差止請求事件」
    (フランチャイズエイジ2009年1月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】債務不履行解除と違約金規定の効力」
    (フランチャイズエイジ2009年7月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】セブン-イレブンジャパンに対する排除措置命令について」
    (フランチャイズエイジ2010年1月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】建物賃貸人からフランチャイジーの店舗に対する明渡請求」
    (フランチャイズエイジ2010年7月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】売上収益予測に関する情報提供義務違反~大津地判平成21年2月5日判時2071号76頁」
    (フランチャイズエイジ2010年1月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】建物賃貸人からフランチャイジーの店舗に対する明渡請求」
    (フランチャイズエイジ2011年1月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「【判例研究】見切り販売に関する損害賠償請求事件の問題点~優越的地位の濫用か否かの分かれ目~」
    (フランチャイズエイジ2013年9月号 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)
  • 「判例研究:公正取引委員会の審決を争う当事者の範囲」
    (フランチャイズエイジ2014年1月号24頁~27頁)
  • 「判例研究:新規フランチャイズ・ビジネスを開始し、第三者を勧誘するに際して注意義務違反が問われた事例」
    フランチャイズエイジ2014年5月号21頁~24頁)
  • 「判例研究:コンビニの店舗内で顧客が店頭受傷した事故につき、フランチャイザオ及びフランチャイザーに対する損害賠償請求が否定された事例」
    (フランチャイズエイジ2014年9月号23頁~26頁)
  • 「判例研究:競業禁止条項の範囲の解釈が問題となった事例」
    (フランチャイズエイジ2015年5月号20頁~23頁)
  • 「判例研究:近隣への出店がフランチャイザーの債務不履行又は不法行為とはならないとされた事例」
    (フランチャイズエイジ2015年1月号)
  • 「判例研究:内税方式で賃料を定めている賃貸借契約について消費税値上げ分の減額が認定された件」
    (フランチャイズエイジ2015年9月号22頁~25頁)
  • 「フランチャイズ本部のマイナンバー対応における留意点」
    (フランチャイズエイジ2015年11月20頁~21頁)
  • 「立地調査義務、客観的かつ適正なデータに基づいた収支予測等に関する情報提供義務、アフターフォロー義務等が争われた事例」
    (フランチャイズエイジ2016年1月号)
  • 「契約終了後にフランチャイジーがフランチャイザーの役務と混同のおそれのある商標を登録した事例(商標の赤帽事件)」
    (フランチャイズエイジ2016年3月号)
  • 「契約終了後にフランチャイジーがフランチャイザーの役務と混同のおそれのある商標を登録した事例」(フランチャイズエイジ2016年5月20頁~23頁)
  • 「フランチャイズにおける広告のチェックポイント」
    (フランチャイズエイジ2016年5月18頁~19頁)
  • 「ファミリーマートとユニーGHDの統合における公取委の判断手法」
    (フランチャイズエイジ2016年9月号)
  • 「店舗概観等の使差止を求める仮処分命令申立事件」
    (フランチャイズエイジ2017年5月号)

 

5. 継続的契約の終了

  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第1回総論」
    (NBL909号の38頁~43頁 2009年7月15日・商事法務)
  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第2回継続的旧お灸契約の類型の検討」
    (NBL911号の102頁~107頁 2009年8月15日・商事法務)
  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第3回代理店、特約店、一手販売契約の類型の検討」
    (NBL913号の84頁~89頁 2009年9月15日・商事法務)
  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第4回フランチャイズ契約の終了に関する判例の分析」
    (NBL915号の68頁~74頁 2009年10月15日・商事法務)
  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第5回下請契約その他の契約類型の検討」
    (NBL917号の69頁~74頁 2009年11月15日・商事法務)
  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第6回総括上」
    (NBL919号の64頁~69頁 2009年12月15日・商事法務)
  • 「継続的契約に関する判例実務の検討・第7回総括下」
    (NBL921号の66頁~71頁 2010年1月15日・商事法務)

 

6. その他

  • 「訴訟・国際紛争における企業秘密の開示」(松本恒雄・升田純編「情報をめぐる法律・判例と実務」)
    (民事法研究会・平成15年5月2日)
  • 「企業をとりまく新法・改正法への実務対応」
    (日本法令・平成16年10月20日)
  • 「個人情報保護法のコンプライアンス・マニュアルの作り方」
    (日本法令・平成17年3月20日)
  • 「営業秘密管理マニュアル&契約書作成の手引き」
    (日本法令・平成18年5月10日)
  • 「知的財産の活用」「広告制作の規制」(川越憲治・疋田聡編「広告とCSR」)
    (生産性出版・平成19年11月30日)